分 際

分 際

(macasi)

訪問して不在だった場合のメモ・置き手紙の文例集!営業などに

1 身分 ・ 地位 の 程度 。 身のほど 。 分限 。 大した 身分 でもない のに、という 軽蔑 (けいべつ)の 気持ち を 込めて 用い ることが多い。 「 学生 の—でぜいたくだ」それぞれに 応 1 身分・ 地位 の程度。 身のほど。 分限。 大した身分でもないのに、という 軽蔑 けいべつ の気持ちを込めて用いることが多い。 「 学生 の 分際 でぜいたくだ」それぞれに応じた程度 分際(ぶんざい)とは。意味や使い方、類語をわかりやすく解説。《古くは「ぶんさい」とも》1 身分・地位の程度。身のほど。分限。大した身分でもないのに、という軽蔑 (けいべつ) の気持ちを込めて用いることが多い。「学生の―でぜいたくだ」2 それぞれに応じた程度。ほど。「我が―を · 文型:〜際 (に) 〜際の. [意味] 〜ときに 〜の機会に. 硬い表現である。. そのため、日常会話ではあまり使わない。. 「際は」を使う場合、後件には「~ください」が来ることが多い。. [英訳] when. [接続]分際(ぶんざい)とは。意味や使い方、類語をわかりやすく解説。《古くは「ぶんさい」とも》1 身分・地位の程度。身のほど。分限。大した身分でもないのに、という軽蔑 (けいべつ) の気持ちを込めて用いることが多い。「学生の―でぜいたくだ」2 それぞれに応じた程度。ほど。「我が―を 文型:〜際 (に) 〜際の. [意味] 〜ときに 〜の機会に. 硬い表現である。. そのため、日常会話ではあまり使わない。. 「際は」を使う場合、後件には「~ください」が来ることが多い。. [英訳] when. [接続]

分際(ぶんざい)とは? 意味や使い方 コトバンク

【身分】 と 【分際】 と 【分限】 はどう違いますか? HiNative

 · 分際「学生の分際で生意気だ」などのように使う「分際」という言葉。. 「分際」は、音読みで「ぶんざい」と読みます。. 「分際」とは、どのような意味の言葉でしょうか? 字詞:分際,注音:ㄈㄣˋ ㄐㄧˋ,釋義分別的界限。《史記.卷一二一.儒林傳.序》:「臣謹案詔書律令下者,明天人分際,通古今之義,文章爾雅,訓辭深厚,恩施甚美。」分開、析開。《 ぶん‐ざい【分際】. 《古くは「ぶんさい」とも》身分・ 地位 の程度。. 身のほど。. 分限。. 大した身分でもないのに、という 軽蔑 けいべつ の気持ちを込めて用いることが多い。. 「 学生 の 分際 でぜいたくだ」それぞれに応じた程度。. ほど。 Chinese: ·sense of propriety· (such, this) degreeぶん‐ざい【分際】. 《古くは「ぶんさい」とも》身分・ 地位 の程度。. 身のほど。. 分限。. 大した身分でもないのに、という 軽蔑 けいべつ の気持ちを込めて用いることが多い。. 「 学生 の 分際 でぜいたくだ」それぞれに応じた程度。. ほど。 Chinese: ·sense of propriety· (such, this) degree

給与計算における端数処理のやり方や注意点を徹底解説 |HR NOTE

Japanese dictionary for 分際】. Speak! You can use words like "back", "clear", "stop", "input", or "search" 分際の言い換えや別の言い方。・人が社会の中に占める位置のこと身のほど身の程身分立場分際身の丈格地位等級所在ポジション相手のことを見下して程度の低いものとみなす表現風情程 名詞 [ 編集] 分 際 (ぶんざい). 身のほど 。. 身分 。. 分限 。. 「また喧嘩かっ。. 紀一郎、大きなくせに、止めんか。. 謙三郎、弟の分際で、兄上に対し、何たることか」(吉川英治「剣の四君子 高橋泥舟」). 元来、人の日常には相当間違いがあって ぶん‐ざい【分際】. 読み方:ぶんざい. 《 古く は「 ぶんさい 」とも》身分 ・ 地位 の 程度 。. 身のほど 。. 分限 。. 大した 身分 でもない のに、という 軽蔑 (けいべつ)の 気持ち を 込めて 用い ることが多い。. 「 学生 の—でぜいたくだ」名詞 [ 編集] 分 際 (ぶんざい). 身のほど 。. 身分 。. 分限 。. 「また喧嘩かっ。. 紀一郎、大きなくせに、止めんか。. 謙三郎、弟の分際で、兄上に対し、何たることか」(吉川英治「剣の四君子 高橋泥舟」). 元来、人の日常には相当間違いがあって 言葉. 分際. 読み方. ぶんざい. 意味. 身分。. 身のほど。. あまり高くないときや見下した意などで用いる。. 使用漢字

残業時間にも休憩は発生する?労働基準法における残業と休憩の